インタラクティブな使い方も可能なデジタルサイネージ

デジタルサイネージは、電子看板などと言う人も入るように、高精細なディスプレイやプロジェクターを使ったサインボードになります。
ディスプレイやプロジェクターを利用しているため、動画を利用したり、時間によって表示する広告を変更することができるのも特徴で、空港や駅の壁に設置される50から100インチサイズのものから、高速道路わきのビルの屋上に設置された10m単位の大きなサイズのものまで、バリエーションも豊富になってきています。
デジタルサイネージの特徴に、広告を見た人が興味の有る内容をより詳しく表示させるインタラクティブ性を持たせることができる点が揚げられます。
カメラを一緒に設置して、動作から操作を行えるモーションキャプチャ方式や、タッチパネルを設置して、直接サインボードをタッチして操作を行えるタッチ方式など、様々な技術が提供されるようになっています。



たとえば、ある不動産会社は、会社の表ガラスにデジタルサイネージボードを設置し、ガラス面にタッチパネルを設置する方法でインタラクティブな利用を実現し、営業時間外でも、サインボードから気になる物件の検索ができるようにしたことで、集客の可能性を拡大しています。

エキサイトニュースの情報を多数ご用意したサイトです。

また、あるショッピングモールでは、床にプロジェクションで情報や映像を表示し、カメラで人が歩くのを感知し人の動作にあわせて、映像がゆがんだり、新しい情報が表示されたりするような仕掛けを行い、ショッピングの意欲を高めています。

デジタルサイネージならこちらのサイトがオススメです。

デジタルサイネージのインタラクティブ性は、今後広告の可能性をさらに拡大することが期待されています。